PUBLISHERS

特集『パブリッシャーズ』本をつくる理由

その他の PUBLISHERSはこちら

TOOLS

自由に生きるための道具

アンハンマークッキー型

REGULAR

レギュラー連載

継続のリテラシー【第5話】 諦めたらそこで試合終了か? / 若杉アキラ

書店で初めて自分の本を見つけたときの感激は、絶対に忘れません。『メモの魔力』や『バカとつき合うな』など、自分も読んだことのある本たちと一緒に平積みにされてました。まさかの光景ですよね。文章を書き始めて2年半。何度も書くこ…

その他の 連載 はこちら

ESSAY BY JIRO

深井次郎エッセイ 『自由へのシナリオ』

【第277話】コロナ以降は、各自の物差しで生きる

国が、知事が、イベント主催者が…。誰かが責められている場面ばかりで心が傷みます。家族や職場、身近な人同士でも、危機意識の違いでディスカッション疲れがありました。 「もし、自分が国のリーダーだったらどうするだろ…

【第276話】なぜあのリーダーの指示はコロコロ変わるのか / 深井次郎エッセイ

最近の吉本興業の問題でも「芸人ファーストでいきます」と割り切れたら、どんなに楽でしょう。でも、現場は、経営を考えたら、そう簡単に割り切れない経営陣のジレンマもあるはずです。短期的には収益が下がるかもしれないし、競争力を生…

その他の 深井次郎エッセイ はこちら

PEOPLE

オーディナリーな人たち

PEOPLE 11 萩原さちこ(城郭ライター /『わくわく城めぐり』著者)

34歳で独立してから5年になりますが、正直にお話しすると、単純に「好きだから仕事にしたか」というと、そうでもないんです。さて、かつてない職業をつくるために彼女は何をしたのでしょうか。この2人だから話せる、綺麗ごとばかりで…

その他の PEOPLE はこちら

ORDINARY Editor's Blog

ORDINARY編集部より

【たこ焼きパーティー】たなか鮎子さん個展おつかれさま会

さあ、オーディナリーの書き手たちが秘密基地に集まり何が始まるのか。先日、個展を終えたばかりのたなか鮎子さんを囲んで、労をねぎらうごはん会です。ベルリン在住でヨーロッパを拠点に活動している鮎子さんには「久しぶりに日本っぽい…

【盛況のうちに終了】たなか鮎子展「ささやく町 – A Whispering Town」@東京青山

ヨーロッパは人々がそれぞれ哲学を持って暮らしているのがとても素敵だと感じます。ものの選び方、照明の使い方、家族との夜の過ごし方。日常生活の中に、その人なりの小さな哲学が、あちこち息づいているように思うのです。そんな暮らし…

国鉄労働組合 1978年 カード3種類